誰かを思いやる心
ブログ

ノベルゲームに音楽が付いてない!

ビジュアルノベルゲーム「あの日見た夕陽」には現在BGMが付いていません。

入れる予算が無かったという事なのですが、作曲家の方に頼む時「とりあえず無料でお願いね!」というのは、俗に言う「やりがい搾取」というもので絶対にやりたくなかった。技術のある方を無料でこき使いたくないんです。

そして、私は音楽がとても好きです。聞いていると頭の中で映像が流れてとても格好良く大好きなわけです。だからフリーBGMの映像がリンクできない物は乗せたくなかった。それなら無い方がずっと良い!と思うほど、音楽が好きなんです。

ではお金を貯めて~と準備が必要になりますが、もう作品はできちゃったので、待ってると公開しない期間が無駄かな?とも思ったわけです。

そもそも作品は全て一人で作りましたし、サークルとか言ってますがメンバーは私一人です。本当はメンバーを募集したかった、別に好き好んで一人でやったわけではない、みたいな話もありますが、長くなるので別の機会に。

なので一旦作品は公開して、もし全く売れなかったら「そもそも作品にパワーが無い」わけで、内容が良かったらBGMが無くても少しは売れるよね?という発想から今に至ります。紙媒体の漫画や小説だって曲が付いていなくても広く普及してますからね。

今考えている理想は、BGM無しを売った収益で作曲家の方に依頼→BGM付きの作品を廉価版より値上げして売る→その差額分(BGM入りの分)を作曲家の方に還元する、というの二つの報酬を払う山分けシステム、というのも考えています。

なんで?どんな仕組み?というのも長くなるので割愛。今後何度も書くと思いますが、「説明すると本ができる。」私は説明したい事が多すぎて、1~10まで一語一句漏らさず説明できるけど長くなっちゃうよ、という特徴があって、良くないなと自覚しています。

だらだら書き連ねるのってとても簡単なんです。独りよがりになる前に、またの機会に投稿しますね。

返信を残す